たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS The Beatles「LOVE」

<<   作成日時 : 2006/11/21 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 この作品発表のニュースを見たとき、「今年最大の、いや、今世紀最大の問題作登場か!?」と思った。

(参考記事)
ビートルズの“新作”、ついに詳細が判明

 The Beatlesが残した音源を、プロデューサーのSir George Martinとその息子Gilesが「各パートのトラックごとに解体し、再構築したもの」。というくだりを読むと、残骸をツギハギにしたフランケンシュタインみたいなのが頭に浮かんだ。基本的にリミックスとかそういうのは好きじゃないし、そういう作品をBeatles名義でリリースするのはどうなんだい?と思ったわけだ。でも、やっぱり気になって購入。恐る恐る聴いてみると・・・

 これが実にいい(上記の文句はどこへやら・・・)!フランケンシュタインではなく、見事な音のパッチワークになっている。耳に馴染みまくった曲たちが不思議な感覚で交じり合っていて、すごく楽しく聴けた。聴いていて、「なるほど、そうくるか!」「おお、すごい!新たな発見!!」とか「うーん、それはチト強引でないかい?」という感想・ツッコミが無意識のうちに口でてしまう。「胡瓜に蜂蜜を塗って食べたらメロン味!?」みたいな、思いも寄らない新鮮な驚きがたくさん詰まっている(って例えが悪いな)。「While My Guitar Gently Weeps」のストリングス意外はすべてBeatlesが残した音源で構成されたコラージュ(Yokoさんが提供したJohnのプライベートデモという裏技もあるが)なので、200曲以上あるBeatlesの曲を全部知っている人ほど楽しめると思う。「なるほど、あれをここに持ってきたか〜」といった具合に、聴けば聴くほど発見があって楽しい。きっとこれから世界中のBeatlemaniaたちが知識と耳を頼りに「元ネタ探し」「タネ明かし」をはじめるんだろうな。

 ・・・と、ここまで持ち上げておいてなんだけど、やっぱり、やっぱりこれはBeatlesの作品ではなく、「George & Giles Martin」の作品。いくらYokoさんとOliviaさんが認めても、それはやっぱりJohnとGeorge本人の意志ではない。作品が素晴らしいだけに、余計に複雑な気分。

 もともとはエンターテイメント集団「Cirque du Soliel」(「Saltimbanco」や「Quidam」を日本でもやってた。)の公演「LOVE」のサントラとして進められていたプロジェクトがそのままBeatlesの新作という形に化けたものらしく、そのへんのいきさつはブックレットにGeorge MartinとGilesのコメントとして記載されている。Martin親子がプレッシャーや責任感を感じながらも楽しくプロジェクトに取り組んだ様子が伺える。Gilesはこの作業を「モナリザにヒゲを書くような」と形容しているが、まさにその通りだったのだろう。

 その昔、Saltinbancoの来日公演を観に行ってすごく面白かったので、この「LOVE」も是非観てみたいが、残念ながらラスベガスでしかやっていない模様。まずは来年の「Dralion」日本公演を観に行ってみようかな。中学・高校剣道部の同期がなぜか渡米してダンサーをやっていて、その親友が出演するらしい。本人じゃないのが残念だが、その本人も帰国して応援に行くらしいので、それに便乗してみようと思う。

The BeatlesLOVE
1. Because
2. Get Back
3. Glass Onion
4. Eleanor Rigby/Julia (Transition)
5. I Am The Walrus
6. I Want To Hold Your Hand
7. Drive My Car/The Word/What You're Doing
8. Gnik Nus
9. Something/Blue Jay Way (Transition)
10. Being For The Benefit of Mr. Kite!/I Want You (She's So Heavy)/Helter Skelter
11. Help!
12. Blackbird/Yesterday
13. Strawberry Fields Forever
14. Within You Without You/Tomorrow Never Knows
15. Lucy in the Sky With Diamonds
16. Octopus's Garden
17. Lady Madonna
18. Here Comes The Sun/The Inner Light (Transition)
19. Come Together/Dear Prudence/Cry Baby Cry (Transition)
20. Revolution
21. Back In The U.S.S.R.
22. While My Guitar Gently Weeps
23. A Day In The Life
24. Hey Jude
25. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
26. All You Need Is Love


The Beatles公式サイト:http://www.thebeatles.com/
東芝EMIの公式サイト:http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/
Cirque du Soliel「LOVE」のサイト:http://www.cirquedusoleil.com/CirqueDuSoleil/en/showstickets/love/intro/intro.htm
Love

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Beatles「LOVE」 たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる