たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Dream Theater: Systematic Chaos

<<   作成日時 : 2007/07/08 02:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像  Porcupine Tree、Rushときて、Dream Theaterの新作まで登場。今年はプログレ系大豊作だ!Dream Theaterは僕が初めて聞いて衝撃を受けた「小難しい(=プログレ系)」バンドなので、特に思い入れがある。

 前編後編あわせて25分を超える大作が入ってるのを見ただけで「またまたやってくれたなー」と嬉しくなってしまう。このバンドのバカテクっぷりはやっぱり別格。タイトル「Systematic Chaos」どおり、混沌としたテクニックの自慢大会のようで実はガッチガチに決められた通りの演奏をしているというのが凄いところ。しかし、機械の如く緻密で正確な演奏はRushの新作みたいな温かみが全然感じられなくて冷たいなあ・・・とも思う。それがまたいいんだけどね。

 Special EditionについてくるDVDには、レコーディングの様子を記録したドキュメンタリーが収められている。この映像を見ると、この人たちは決してマシーンではなく、ちゃんと人間臭いやつらだということがわかる。特に、バンドの心臓であるドラマーMike Portnoyのお茶目で面白いキャラがよく分かる。速いパッセージでキーボードのJordan Rudessの指がついていかなくなって音を間違えちゃう様子やMikeがドラムパターンが難しくて叩けてない様子なんかもあり、「ああ、こいつらでも間違えるんだあ・・・」なんてのが逆に新鮮だったりする。ちょっと気になったのはJames LaBrieがヴォーカル録りをしている横からMike他が「ああしろ、こうしろ」とずいぶんと指示めいた事を言っていること。各楽器奏者たちはやりたい放題(?)やっているようにも見えるから、ヴォーカルだって本人に任せて歌いたいように歌わせてやりゃいいじゃん、と思うが・・・。そこは歌い手と曲の作り手が違うせいなんだろうけど、Jamesさんがグレてしまわないか心配だ。

 ここ日本でもわりと人気があるようで、コンスタントに来日してくれている彼らなので、今度の新作に伴うツアーでもきっとまた来てくれると期待。ずーっと昔に一度見たっきりだから、そろそろまた生のDream Theaterを味わってみたくなってきた。

Dream Theater 「Systematic Chaos
1. In The Presence Of Enemies - Part I
2. Forsaken
3. Constant Motion
4. The Dark Eternal Night
5. Repentance
6. Prophets Of War
7. The Ministry Of Lost Souls
8. In The Presence Of Enemies - Part II

Dream Theater 公式サイト:http://www.dreamtheater.net/


Systematic Chaos (W/Dvd) (Spec)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dream Theater: Systematic Chaos たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる