たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS The Traveling Wilburys Collection

<<   作成日時 : 2007/07/08 03:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像  Traveling Wilburysの存在を知った時にはCDは既に廃盤。ネットオークションで探すとバカ高い。そんなわけでずっと聞けずじまいでいた幻のプロジェクトだったのだが・・・。それがGeorge Harrisonの追悼コンサート「Concert For George」でTom Petty And The HeartbreakersJeff Lynne(Electric Light Orchestra)、Georgeの息子Dahni Harrisonを加えた形で「プチ再結成」され、「Handle With Care」が演奏された。その様子を見聞きして、いい曲だな〜!と思い、ますます聞いてみたくなっていた。そんな入り方だから、物凄い面子が揃ったスーパーバンドであるものの、どうしても「Georgeのプロジェクト」と見てしまう。

 Traveling WilburysはNelson Wilbury(George Harrison)、Lefty Wilbury(Roy Orbison)、Lucky Wilbury(Bob Dylan)、Charlie T. Jnr(Tom Petty)、Otis Wilbury(Jeff Lynne)という凄い面子によるスーパー覆面プロジェクト(?)。George Harrisonがレコーディングに豪華な友人たちを誘ったところ、奇跡的に全員が揃ったことから結成。88年、90年に2枚のアルバムをリリースしているが、権利関係などの都合で長らく廃盤になっていた。もともと、権利関係をクリアするために架空の5人兄弟という形で偽名を使って結成されたはずなのに、結局は権利関係の縛りを逃れきれずに廃盤になってしまっていたのは皮肉な感じがする。しかし、今年になってついにボーナストラックや映像特典を加えて豪華な全曲集としてついに再発された。しかも、再発モノでありながら英国のアルバムチャートで1位を獲得したらしい。それもそのはず、この面子でいいものができないはずがない!スーパーグループにありがちなエゴの衝突や寄せ集め的なバラバラ感は皆無。気心知れた友達同士が楽しく作りました、という雰囲気がよく出てる。DVDに収録されたドキュメンタリーを見ると、彼らが合宿でアルバム「Vol.1」を作り上げていく様子が良くわかる。台所に集まってギターかき鳴らしながら歌っているうちに曲ができちゃったー、とか、みんなに1冊ずつ雑誌が配られて、そこから適当に言葉を抜き出したら歌詞ができちゃったー、といったコボレ話も盛りだくさん。

 メンバーはみんな歌って弾けるアーティストだが、歌い方が本格歌唱系のRoy OrbisonJeff Lynne、ヘタウマ系のBob DylanTom Petty、フツーなGeorge、という感じでバランスがとれていて、1曲の中で各々が個性的な歌い方を披露しているから各曲がすごくバラエティ豊かなものになっていることがこのプロジェクトの魅力だと思う。そして楽器演奏ではGeorgeのスライドギターとBob Dylanのハーモニカがやっぱりインパクト大。登場すると「おっ!でた!」と嬉しくなってしまう。歌詞の内容もとてもユーモラスで、Georgeのキャラが活きているように思う。ちょうど「Cloud Nine」をリリースして音楽界に復帰してノリノリだった頃のGeorgeのエネルギーも感じられる。

 「Volume 1」のレコーディング後にRoy Orbisonが急死してしまったため、「Volume 3」(2枚目なのに・・・??)はLefty WilburyことRoyへの追悼作品。今となっては発起人のGeorgeも無くなってしまった。2枚のアルバムを聞いて、DVDを見てから前述の「Concert For George」でのプチ再結成(Bob Dylanの不参加が残念)を見ると、なんだか悲しくなってしまった。

The Traveling Wilburys Collection

Disc1: Traveling Wilburys Volume 1
1. Handle With Care
2. Dirty World
3. Rattled
4. Last Night
5. Not Alone
6. Congratulations
7. Heading For The Light
8. Margarita
9. Tweeter And The Monkey Man
10. End Of The Line
11. Maxine*
12. Like A Ship*
(*Bonus Tracks)

Disc2: Traveling Wilburys DVD
1. The True History Of The Traveilng Wilburys
2. Handlw With Care
3. End Of The Line
4. She's My Baby
5. Inside Out
6. Wilbury Twist

Disc3: Traveling Wilburys Volume 3
1. She's My Baby
2. Inside Out
3. If You Belonged To Me
4. The Devil's Been Busy
5. 7 Deadly Sins
6. Poor House
7. Where Were You
8. Cool Dry Place
9. New Blue Moon
10. You Took My Breath Away
11. Wilbury Twist
12. Nobody's Child*
13. Runaway*
(*Bonus Tracks)

Traveling Wilburys公式サイト:http://www.travelingwilburys.com/


The Traveling Wilburys Collection

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Traveling Wilburys Collection たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる