たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS The Police@東京ドーム

<<   作成日時 : 2008/02/17 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 職場で義理チョコをもらって初めてバレンタインデーだと気づいた2月14日、独り寂しく東京ドームでThe Policeの再結成公演に参戦。再結成ブームとはいえ、この人達は「まさかの」とか「奇跡の」を頭につけてもいい類だと思う。Stingがもはや完全に別世界の人になってしまった今となっては、再結成なんて期待どころか誰も思いもよらなかったのでは?インタビュー記事なんかを読んでみると、どうやら事の発端はそのStingが行くところまで行っちまって、原点回帰でもしてみるか、という嬉しい気まぐれによるものらしい。いや本当、ナイス気まぐれ。ありがとう。

 The Policeがピークを迎えた1983〜1984年といえば、ちょうどアメリカに住んでいたし、僕が本格的にラジオにかじりついて音楽を聴きはじめた時期と重なるはずなのに、なぜかThe Policeの印象は薄かった。なんでだろ?「Englishman In New York」とかのStingしか知らなかった僕にとって、The Policeというのはウソみたいな存在というか何というか・・・。

---

 仕事が長引いてしまい、慌ててタクシーと電車を乗り継いで開演時間5分前にドームに到着。前座のFiction Planeも聴いてみたかったのに、残念。席は1階席3塁側9列目。中心よりややSting寄りだ。80年代に現役でThe Policeを聴いてたとおぼしき30〜40代くらいがオーディエンスの中心。外国人も目立つ。

 しばらくしてBob Marleyの「Get Up, Stand Up」が明らかにそれまでのBGMとは違う大音量で流れはじめ、会場がざわつく。そして会場暗転。観客はほぼ総立ち!となりのおばちゃんは「すてぃんぐぅ〜っ!!」と凄まじい声援を送ってた。推定年齢30代から40代はまだまだ元気!?オープニングナンバーは「Message In A Bottle」。そして続く「Synchronicity II」になだれ込み、一気に盛り上げる。両隣のおばちゃん達に体がぶつかるぶつかる・・・。

 ステージ上はメンバーの3人のみ。演奏も基本的には3人によるもの(SEやパーカッション、キーボードなどはもしかしたら舞台裏で誰かが弾いてたかもしれないけど)。StingとStewart Copelandはもう50代後半だし、Andy Summersはなんと65歳!でもメンバーは3人とも元気いっぱいという感じで、演奏はタイト。Stewart Copelandって、やっぱりドラム上手いなー。あと曲のキーを下げて演奏されていたようで、Stingの歌は昔のようなハイトーン・ヴォーカルではなかったが、歌唱力や声量、肺活量はさすが。会場の音響も悪くない。以前、Billy Joelをドームで聴いた時にも思ったが、どうやらアリーナ席よりも1階席の方が音がいいのかな??

 「Walking On The Moon」では「Yo-YoYoYo♪」の大合唱、「Voices Inside My Head」では5万の手(2万五千人分の両手)による手拍子と、オーディエンスもしっかりと反応!リズムチェンジや転調を入れたり、Andy Summersの長いギターソロタイムをフィーチャーするなど新たなアレンジで曲に新鮮味を加えていたので、単なる「懐メロ大会」にならず楽しめた。それでもやっぱり「Every Little Thing She Does Is Magic」「DeDoDoDo, DeDaDaDa」等のヒット曲が演奏されると会場の盛り上がりも一段と凄くなる。「I Can't Stand Losing You」で盛り上げといて「Roxanne」でトドメを刺されて本編終了。

 すぐにアンコールに応えて3人が戻ってくる。「King Of Pain」で落ち着いてから、「So Lonely」でまたもや盛り上がる。そしてやはり「Every Breath You Take」で最高潮。ここでまた一旦ステージを後にしたバンドだが、Andy Summersだけが残って、身振り手振りで「もっとやってほしい?」「あいつらに戻って来い、って言おうか?」みたいな動きをしつつ、爆音ギターで「Next To You」のイントロをかき鳴らす。最後は弾けようぜ!って感じでいい流れだが、テンポもキーも下げられて原曲の持っていた「目には目を、歯には歯を、パンクにはパンクを!」みたいな威力はすっかり陰を潜めてしまっていた。それでも、「今更ですが、大の大人がロケンロールしちゃいます!」という現在の3人のお楽しみっぷりが伝わってきたような気がした。

 その後のニュースではどうやら3人は北米を回った後、The Policeとしての活動に幕を閉じるらしい。いやあ、貴重な体験ができた。

The Police Live In Concert
2008年2月14日(木) 東京ドーム

- Set List -
Message In A Bottle
SynchronycityII
Walking On The Moon
Voices Inside My Head
Don't Stand So Close To Me
Driven To Tears
Hole In My Life
Every Little Thing She Does Is Magic
Wrapped Around Your Finger
DeDoDoDo, DeDaDaDa
Invisible Sun
Walking In Your Footsteps
I Can't Stand Losing You
Roxanne

(Encore)
King Of Pain
So Lonely
Every Breath You Take
Next To You

日本公演プロモサイト:http://www.tfm.co.jp/thepolice/
The Police公式ウェブサイト:http://www.thepolice.com/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Police@東京ドーム たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる