たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Eric Clapton & Steve Winwood @横浜アリーナ 2011.11.19

<<   作成日時 : 2011/11/19 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 Eric ClaptonとSteve Winwoodのジョイント。Blind Faithのリユニオン。Eric Claptonが人生総決算の一環(?)としてCrossroads Guitar Fest.にWinwoodを招いたことに始まり、Madison Square Garden(MSG)公演、欧米ツアー等と続いたが結局来日することなく終わった…?ような気配だった。が、さすがは大の親日家のEC、ちゃんと日本のファンのために1か月もかけてジャパン・ツアーをやってくれるとは!期待はしてたけど、本当にやってくれるところが凄い。ありがとう!

 暴風雨の中、ずぶ濡れになりながら横浜アリーナ到着。まずはグッズ売り場へ。Tシャツとパンフ購入。Claptonの来日ツアーパンフはいつも気合が入ってるが、今回もしっかり作りこまれていてよろしい(中には「ただの写真集じゃん!」的な粗悪品を平気で売ってるアーティストもいるので・・・)。会場限定先着早い者勝ちでパンフ買った人がもらえるマグカップもゲット。

 席は「アリーナ」の16列目だったが、そういえば横浜アリーナって所謂アリーナ席のことを「センター席」って言うんだっけ。前から16列目かと思ったら1階席の16列目、しかもかなり端っこでちょっとガッカリ。開演前のBGMは古いブルースなど。知ってる曲もちらほら。客の年齢層はものすごく高いぞ。

 開演予定時刻を10分くらい過ぎたところでゆっくりと暗転。ギターをぶら下げたECとWinwoodがステージにあがり、客席に手をふったりしながらゆっくりスタンバイ。ECはちょっと痩せたかな?髪も短くしてかっこよいオジサマになってる。オープニングはMSG公演と同じくBlind Faithのアルバム1曲目"Had To Cry Today"。のっけからギターバトルを繰り広げる二人だが、ECはまだ温まってない感じ?

 続いてはこれまたMSGでもやってたJ.J. Caleの曲"Low Down"、そして次もJ.J.ネタの"After Midnight"。この曲からWinwoodはオルガンを弾く。オルガンの音が加わることで曲の印象がかなり変わった。4曲目に最初のハイライト、"Presence Of The Lord"!しかもMSGの時とは二人が歌う順が逆になってWinwoodが先に歌いだしたから、歌いだしのところはまさにアルバムバージョンの再現!という形。中間の盛り上がるところではECがワウ踏みまくりでいよいよエンジンかかってきた感じだったし、最後は二人の歌が追っかけコーラス(?)がめちゃくちゃカッコよかった!

 "Presence Of The Lord"からインスト曲"Glad"、"Well All Right"への流れはMSG公演と同じ。でも"Glad"は生で聴くと一味もふた味も違う印象で凄くよかった。ここからは二人の持ちネタを交互に披露していく展開。やっぱり"Hoochie Coochie Man"、"Key To The Highway"等の、どブルースな曲ではECのギターも絶好調。Chris Stainton→Winwood→ECとソロを順番にとっていく。しかしヤバかったのは"Pearly Queen"での演奏。Winwoodの歌の合間に居合切りのような鋭さで切り込んでくるECのギターフレーズがあまりに神懸ってて鳥肌が収まらなかった!一方のWinwoodも、"Georgia On My Mind"の歌とオルガンで聴かせる…大喝采!

 このツアーはMartin Guitarsの代理店、黒澤楽器さんがスポンサーしてることを大々的にアピールしてるから、MartinギターでのUnpluggedも披露しなきゃね…ということなのか(?)、以降数曲はアコースティックセッション。ここでのサプライズは、なんと"Wonderful Tonight"のアコースティックバージョンが登場!この曲をアコースティックで聴くのっておそらく初めてでは?あの印象的なギターのメロディはWinwoodが弾き、ECはアルペジオと歌。美しい…!続いて披露されたのはBlind Faithの"Can't Find My Way Home"。この曲もECのソロでは女性ヴォーカルが歌ったり、Nathan Eastが歌ったりしてたが、やっぱりWinwoodの声じゃなきゃね!!

 エレクトリックセットに戻ってWinwoodの"Gimme Some Lovin'"でジジババオーディエンスを温めなおした後は、ジミヘンの"Voodoo Chile"!これはMSGでもそうだったけど、今夜のハイライトだった。ECのギターが本当にヤバくて、神が降臨してた。それもVoodooの神。ジミヘンの魂。ギターの音もなんだかいつもよりオドロオドロシイというか邪悪というかダーティーというか…とにかく音が重い!これはリズム隊のSteve Gadd先生とWillie Weeksの力量によるところも大きいはず。静と動のコントラストが素晴らしすぎた。最後は強烈なフィードバック効かせてからオラオラ〜!とエンディング。長い演奏だったけど、その間ずっと鳥肌立ちっぱなし。本当に凄い。こういうのを味わいたくて観に来てるんです!!!

 本編最後は"Cocaine"で締め、アンコールは"Dear Mr. Fantasy"の1曲のみ。ちょっと最後は物足りなかったな…。でも、この後12月7日の武道館も参戦予定。やっぱりECは武道館で観なきゃね!もう一度この感動を味わえると思うと楽しみで仕方がないぞ!

Eric Clapton and Steve Winwood Japan Tour 2011
2011年11月19日(土) 横浜アリーナ

1. Had To Cry Today
2. Low Down
3. After Midnight
4. Presence Of The Lord
5. Glad
6. Well All Right
7. Hoochie Coochie man
8. While You See A Chance
9. Key To The Highway
10. Pearly Queen
11. Crossroads
12. Georgia On My Mind
13. Driftin'
14. That's No Way To Get Along
15. Wonderful Tonight
16. Can't Find My Way Home
17. Gimme Some Lovin'
18. Voodoo Chile
19. Cocaine
- Encore-
20. Dear Mr. Fantasy

Eric Clapton公式サイト:www.ericclapton.com
Steve Winwood公式サイト:stevewinwood.com


ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン(Blu-Ray)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-09-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン(Blu-Ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スーパー・ジャイアンツ
USMジャパン
2010-08-25
ブラインド・フェイス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパー・ジャイアンツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Eric Clapton & Steve Winwood @横浜アリーナ 2011.11.19 たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる