たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Noel Gallagher's High Flying Birds @東京ドームシティホール

<<   作成日時 : 2012/01/20 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 今年もよろしくお願いいたします!2012年のライブ初めはノエル兄貴の素晴らしいライブでした!

 Oasisって実はそんなに夢中になったバンドではないんだけど、そりゃまあ「(What's The Story) Morning Glory」は当時よく聴いたし、人気バンドだからあちこちで音は(ゴシップネタも)耳に入ってきてたけど…。でもいざ兄弟が喧嘩別れしてバンドがなくなってしまうと何となく寂しいものはあって、結局ギャラガー兄弟各々の新作は買って聴いたし、去年はBeady EyeをZEPPで観た。弟の方を観たんだから、兄貴の方も観とかなきゃ、と軽い気持ちでチケット取ろうとしたらこれが甘くて全然取れない!何度も抽選外したり回線パンク?でサイトにアクセス出来ずにチケット買えなかったことなんて、ここ数年で初めてのことだと思う。そうなってくると何が何でも行きたくなって、ネット詐欺にあいかけたりもしながら何とか1枚だけ入手。一緒に行く約束をしていた友人には涙をのんでもらうことになってしまった。その1枚きりのプレミアチケットを握りしめて東京ドームシティホールへ行ってみたら、当日券売ってるし!どーなってんだぁ!!?

 この会場に来るのは3回目かな?規模も音もいいのでお気に入り。去年のBeady Eye@ZEPPの時も思ったけど、こんな規模の会場でギャラガー兄弟を拝める機会なんて今後あるのかな…ないだろな…フフフ。などと考えながらアリーナ中央に陣取り開演を待つ。

 BGMがいつのまにか"If I Had A Gun..."をアレンジした曲に変わってて、「お、そろそろか?」と気づいた客がざわめき始める。そしてやんわりと客電が落ちて行き…ステージ上にノエルとバンドが登場!Noelがアコースティックギターを抱えて歌い始めたのはOasisの"(It's Good) To Be Free"という曲…だったらしい。シングルのB面曲らしくてゴメン、聴いたことなかった。うーむ、いきなり乗り遅れてしまった。歌詞の内容からしてこの選曲はいわば独立宣言なのか??

 Oasis曲を完全に封印してた弟達と違い、続く2曲目もOasisナンバー"Mucky Fingers"と、乗っけから攻めてきた!「俺の作品だ!文句あっか!?」と言わんばかり。そして「今日はやるぜ!」という宣言でもあったのかも。ファンが何を期待してるのかをよく理解してくれてる証拠ですな。

 3曲目にようやくソロアルバムからの曲が登場。アルバムの冒頭を飾る2曲を順番通りに演奏。サビは大合唱。さすがに皆さんよく予習していらっしゃる!そして次に披露されたのはソロアルバムの中でも屈指の名曲、"If I Had A Gun..."!物騒なタイトルとは裏腹に切ないラブソングなこの曲をしっとりと歌い上げる。序盤戦のハイライト!その後も曲ごとにギターを色々取り替えながら、ソロからの曲が続く。本当にいい曲ばかりだな〜。お披露目された新曲”Freaky Teeth"もハードなサイケロックナンバーでいい感じ。

 そのハードな新曲から一転、Noelがアコースティックギターに持ち替えて弾き始めたのは"Wonderwall"!ギター、歌、タンバリン、ピアノだけで演奏され、歌メロもちょっと変えて歌われていたこのノエルバージョンでは、ソングライター&アレンジャーとしての才能を見せつけてくれた。続く"Supersonic"も同じくアコースティックバージョンとして披露され、こちらは原曲とのギャップが大きい分さらに新鮮な響き。中盤のハイライト!

 この日すごく印象的だったのはNoelが終始すこぶる御機嫌だったこと。嬉しそうに観客に話しかけ、掛け合いを楽しんでる兄貴。Oasisで仏頂面でギター弾いてた難しそうな人とは思えない。オーディエンスとの距離の近さもあってすごくアットホームな雰囲気だった。

 エレクトリックセットに戻ってからもソロからの曲を中心に演奏。中でも"AKA...Broken Arrow"のドラマチックに盛り上がるサビのメロデイを歌うNoelの熱唱っぷりがハンパなくカッコ良かった!正直なところ、この曲はアルバムを聴いているだけではあまり良さに気づいてなかったが、このライブ演奏を聴いてノックアウトされた。今日一番の収穫。本編最後の"(Stranded On) The Wrong Beach"を終えると、爆音フィードバックを残したままさっさとステージを後にするNoelとバンド…。

 大歓声と拍手に涌く会場にすぐさま戻ってきてくれてアンコールに突入…ここからがやばかった!怒涛のOasisナンバー4連発!観客全員が歌いっぱなし!そして何と言っても極めつけはオーラスの"Don't Look Back In Anger"!もうイントロ聴いただけで全身鳥肌、涙腺決壊!サビはNoelが自分では歌わず、完全に観客に任せてたが、もはや大合唱の声がでかすぎてNoelが歌ってようが歌っていまいが関係なし!このオーディエンスの一体感の気持ち良さといったら・・・まさにこれぞライブの醍醐味!!ありがとう兄貴!!

 アルバム「Noel Gallagher's High Flying Birds」を聴いたときはBeatlesでいえばSgt. Pepper的な、凝りに凝ったスタジオワークで色々なことやって楽しみながら作った、ソングライターNoel Gallagherの作品集、という印象だった。確かに良い曲ばかり揃っているから、気がつけば2011年に買ったアルバムでもかなり再生回数の高いスルメ盤と化したのも事実。ところがこの日のライブでは、ライブアーティストとしてのNoel Gallagherという別の一面の凄さを見せつけられた。ギター、歌、バンド、選曲、音響、観客、すべてがハイレベルに揃った稀有な体験。本当に素晴らしかった!早くも5月に再来日、武道館公演が決まったので、「東京ドームシティホール公演来場者限定先行予約」とやらを存分に活用させてもらい、次こそは今回涙をのんでもらった自称「オアシスト」な友人も連れて、いざ再戦へ…!!

Noel Gallagher's High Flying Birds Japan 2012
2012年1月17日(火) 東京ドームシティホール

1. (It's Good) To Be Free
2. Mucky Fingers
3. Everybody's On The Run
4. Dream On
5. If I Had A Gun...
6. The Good Rebel
7. The Death Of You And Me
8. Freaky Teeth
9. Wonderwall
10. Supersonic
11. (I Wanna Live In A Dream In My) Record Machine
12. AKA...What A Life!
13. Talk Tonight
14. Soldier Boys And Jesus Freaks
15. AKA...Broken Arrow
16. Half The World Away
17. (Stranded On) The Wrong Beach
- encore -
18. Whatever
19. Little By Little
20. The Importance Of Being Idle
21. Don't Look Back In Anger

Noel Gallagher 公式サイト: http://www.noelgallagher.com/


ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(初回生産限定盤)(DVD付)
SMJ
2011-10-12
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Noel Gallagher's High Flying Birds @東京ドームシティホール たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる