たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Lenny Kravitz @TOKYO DOME CITY HALL 2012.4.7

<<   作成日時 : 2012/04/07 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像 こんなに心も体もRockな気分にさせてくれたライブは本当に久しぶりだった。単独公演としてはなんと14年ぶり!のLenny Kravitz来日公演。2002年と2008年、いずれもチケットを入手しておきながら公演中止となり泣く泣く払い戻しを経験したので、もう二度と日本には来てくれないのかと思っていた、まだ観ぬ生Lennyをついに体験できた!しかも超至近距離で!!

 Lenny Kravitzは高校生の頃すごい流行ってて、当時の仲間に「レニクラといえば?」と尋ねれば、どいつもこいつも「Are You Gonna Go My Way」のリフを口ずさんでくれるはず。当時、学園祭になるとグルーヴのカケラもない、けど頑張りだけは伝わってくるような「Are You Gonna Go My Way」のコピーが至るところで聴けたもんです(あんな単純なリフなのに素人にはあのグルーヴがどうしても出せないんだよね)。そんなまだ観ぬ大物、Lennyの来日が今度こそ決まってくれた。

 レコーディングアーティストとしてのLenny Kravitzって全部の楽器を自分で演奏しちゃうマルチプレーヤーぶりとか、アナログ機材へのコダワリとか、何年もかけて理想の音を追い求めるみたいな超頑固一徹職人のイメージなんだけど、ライブではどうなのかな、と。もちろんDVDなどは観たことあったけど、生で体験するのは全然違うんだろうな・・・と期待を胸にTOKYO DOME CITY HALLへ。ここは年初にNoel Gallagherを観たり、以前John Mayerなんかも観た会場で、規模といい音響といい、本当に素晴らしい会場だと思う。こんな小さなハコであのLenny Kravitzが観られるなんて、なんて贅沢な!!開演30分前くらいに会場入り。今日は気合入れてかなり前方に位置取り。自分の前には10人くらいしかいない好位置を確保!ふと周りを見渡すとほとんどが同年代と思われる人たちばかりで嬉しくなる。

 開演時間を15分ほど過ぎたところでBGMの音量アップ、ファンキーな曲が会場を盛り上げていく。そしていよいよ会場暗転、Lennyとバンドが登場!1曲目は新作から「Come On Get It」!ファンキーなRock & Roll全開!観客も大爆発!!すごい盛り上がりと大合唱に、レ二―もそのエネルギーを感じてくれたか「マジかよ?すげーな」的リアクション!?
 
 そのまま「Always On The Run」「American Woman」と立て続けにノリのいいRock & Rollソングを披露。やっと会えた生レ二―は歌もギターももちろん凄いんだけど、動きやポーズがいちいちカッコよすぎ!しかもそれがイヤミじゃなくサマになり過ぎ!ホントこの人は天性のロックスターなんだな。自分が勝手に描いた頑固職人のイメージなどどっか行っちゃったよ。そしてやっぱりガタイが凄い。ギター弾くたびにムネキンがピクピクしてるよ(なんてのもよく見えるくらい至近距離だった!)!

 バックを固めるバンドの演奏もとんでもなくタイト。古参のギタリストCraig Rossは20年前と見た目が全然変わらないのが凄いしギターも上手いし。他のメンバーはよく知らなかったけどドラム、ベース、キーボードにホーンセクション兼パーカッションが3人。黒人の小柄なスキンヘッドのベーシストが最初、なぜか頭にカワイイうさぎ耳(?)のカチューシャをつけてて「??」って感じだったが、よくよく見たら女性でした!しかも途中でサングラス取ったらあどけない少年のような童顔でカワイイ!でも演奏は熱い!全盛期にドラムを叩いていたCindy Blackman(今はサンタナ夫人!)はもういないけど、やっぱり旅の道中に紅一点を連れ歩く、水戸黄門のようなLennyさん。しかもビジュアルインパクト大な女性メンバーを加えるのがレニクラバンドの常套句なのだろか??ちなみに今のドラマーはステキな笑顔で楽しそうに叩くのが印象的なナイスガイ。キーボーディストは地味だったけど、ここぞという時にはすごいソロを聴かせてくれてた。そしてレ二―のファンキーな曲に必要不可欠なのがホーンセクション!3人とも随所で本当にいい仕事してくれてました!

 Lennyは今日のMCで来日が久しぶりになってしまったことへのお詫び、そして日本への愛と感謝を何度も口にしていた。「こうして来てみると、なんで俺は日本に戻って来なかったんだ?って思う」とか「日本はツアー中に自然体になれる数少ない場所」だとか、この国の文化や慣習、人々などすべてを愛している、とも。そして「最近は”テクノロジー”が凄いから誰かに録られてることを覚悟の上で敢えて言うけど」的な前置きを置いて「1年半以内に必ず戻ってくると約束するよ!」とも!!やった!そしてそのお詫びと感謝の気持ちはパフォーマンス中に随所で見せてくれるファンサービスで体現してくれていたと思う。今回はこの小さな会場だったことがあらゆる点で奏功していて、待ちわびていた僕らオーディエンスの熱も伝わったと思うし、Lennyもステージ前方にやってきてはファンと直接触れてくれたりして会場の一体感が本当に気持ち良かった。あと今回ライブ参戦してみてわかったんだけど、Lennyの曲ってどれもサビのメロディが誰にでも歌いやすいキーになってるから、みんなで一緒に歌えて楽しい!こういうのも会場の一体感を生むのに重要な要素だよね。さすがです。

 セットリストも文句なしのグレイテスト・ヒッツ+新曲という構成。曲によっては新たなアレンジが施されていて、特にバンドメンバーそれぞれの見せ場があってその実力を存分に見せつけてくれていたのが面白かった。「Black And White America」は美しいトランペット・ソロがイントロに加えられたアレンジが素晴らしかったし、「Fields Of Joy」から「Stand By My Woman」へメドレーでつなぐアレンジもよかった。「Where Are We Runnin'?」ではホーンの3人がステージ前方に出てきてファンキーなラッパを聴かせてくれたのがカッコよくてすげー盛り上がった。

 本編後半は怒涛のFunky Rock & Rollの嵐!!「Stand」「Rock And Roll Is Dead」「Rock Star City Life」「Where Are We Runnin'?」「Fly Away」とたたみかけられて、スタンディングの会場はおっさんおばちゃん(失礼!)のモッシュピット状態!!それがピークに達したのはもちろん、本編最後の「Are You Gonna Go My Way」!ドラムがあのダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!のリズムを叩き、”あの”ギターリフが乗っかった途端・・・何かがキレた!!おっさんおばちゃん(失礼)が跳ぶ!跳ぶ!飛ぶ!!この一体感とイっちゃってる感!みんな汗ヌルヌルになって飛ぶ!Lennyも「Come on, Jump! Jump! Jump! JUMP!!」と煽る煽る!本当にヤバくて気持ちよかった!!曲が終わってLennyとバンドがステージを後にすると、みんなアンコールの手拍子はしてるものの何だか放心状態・・・!?

 アンコールでもサプライズ。なんとマイクだけ持ったLennyとアコギを持ったCraigが2人でステージ前方に座ってアコースティックバージョンの「Push」を披露!Lennyの熱唱が本当に素晴らしく、そして途中から合流したサックスのソロも美しかった。そして最後の曲は大合唱の「Let Love Rule」。途中に各バンドメンバーのソロパートなどを挟みながら長尺ジャムセッション的アレンジになっていたのだが、Lennyが客席に下りてきてスタンディングエリアの外周を徘徊し始めたかと思ったら、なんとスタンド席の最前列に入って行ってファンとハイタッチしたりハグハグしたりしながら客席を練り歩いた!!2階指定席最前列の人たちは何てラッキーなんだ!羨ましい!!そして会場をグルっと一回りしたLennyがステージ中央に戻って演奏終了。客席に向かって何度もお辞儀とピースサインを出すLenny、ほんとカッコ良すぎです!!

 実は先週末、しょーもない事で肋骨を骨折した。今日はそんなコンディションなのでスタンディングの会場でもみくちゃになったらヤバいと思ってはいたのだが…結局我慢しきれずに前列へ突撃してしまった。ところが、Lennyの演奏の凄まじさにこちらもアドレナリンがたぎり過ぎたのか痛みをまったく感じなかった!凄いよLenny!!(帰りの電車の中で痛みが復活・・・)

 ファンサービス満載、演奏よし、曲よし、会場よし、観客の一体感よし、とすべて揃った最高の夜だった。2度のキャンセルにめげずにLennyの音楽を聴き続け、14年間待ち続けて本当に良かった。そして約束通りすぐにまた戻ってきて欲しい。そしてまたこんな小さな会場で聴けたら最高です!

Lenny Kravitz
Black And White Japan Tour 2012
2012年4月7日(土)TOKYO DOME CITY HALL

1. Come On Get It
2. Always On The Run
3. American Woman
4. It Ain't Over Till It's Over
5. Mr. Cab Driver
6. Black And White America
7. Fields Of Joy
8. Stand By My Woman
9. Believe
10. Stand
11. Rock And Roll Is Dead
12. Rock Star City Life
13. Where Are We Runnin'?
14. Fly Away
15. Are You Gonna Go My Way
- encore -
16. Push (acoustic)
17. Let Love Rule

Lenny Kravitz公式ウェブサイト:www.lennykravitz.com/



ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ(初回生産限定盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-08-24
レニー・クラヴィッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ(初回生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



グレイテスト・ヒッツ
EMIミュージック・ジャパン
2000-10-18
レニー・クラヴィッツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレイテスト・ヒッツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2階指定席最前列にいた一人です。隣にはSuperflyもいましたよ♪ 本当に最高の夜でしたね! 骨折お大事に〜
mirage
2012/04/08 11:52
mirageさま
それは凄い、ダブルで羨ましいですね!!本当、最高でした!Lennyに元気を貰って骨もくっつきそうです!
たぬどん
2012/04/09 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
Lenny Kravitz @TOKYO DOME CITY HALL 2012.4.7 たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる