たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Eric Clapton「Eric Clapton (Deluxe Edition)」

<<   作成日時 : 2006/07/27 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「デラックス」とか「ボーナス」とか「限定」とか「豪華」といった言葉にはトコトン弱いEric Claptonの初ソロ作品「Eric Clapton」がデラックスエディションとして再発された。当然、買ってしまった。リミックス音源やらマニア垂涎のレア音源やらで物欲をそそってくれるPolydorのデラックスエディションシリーズ、Eric Clapton関係だけでもBlind FaithBlind Faith」、Eric Clapton461 Ocean Boulevard」、CreamDisraeli Gears」に続いて4作品目のリリースとなる。もちろんすべて入手済み。さ、財布が・・・。

 さて、このClapton初のソロアルバムは1970年の作品。後のDerek And The Dominos時代に比べると中途半端、という評もあるようだが、Claptonの音楽性が大きく変化した転換点として重要な作品だと思う。CreamBlind Faithというキャリアを経て、スーパーギタリストとして「神」とあがめられることにウンザリしてしまったClaptonが、「俺は神なんかじゃないやい!」とばかりに作りあげた人間臭いアルバム。The Bandの「Music From Big Pink」を聴いて衝撃を受け、Delaney & Bonnieとつるんでいるうちにすっかりアメリカ南部の音にハマってしまった様子がそのまま収められている。参加メンバーもDelaney & Bonnieのメンバー、つまり後のDerek And The Dominosのメンバーをはじめ、Leon RussellやBobby Keysも名を連ねる。ジャケットには参加メンバーの「集合写真」がフィーチャーされているが、これも「みんなで作りました」という気持ちの表れのようにも思えてしまう。

 中身の音の方も派手なギターソロなどは一切なく、あくまで「バンド」としての音。ホーンセクションや女性コーラスを含む大編成の中で楽しく演奏する仲間たち。その中にOne of themとしてマッタリ溶け込む、神を隠居した人・・・という感じ。このアルバムを境に、Claptonは「ギター神」から一人の「ミュージシャン」、そして「シンガー」になっていく。

 私にとって「アメリカ南部」のイメージは、どこまでも続く一本道と砂埃、サボテンと岩・・・という感じだ。ちょうど映画「Kill Bill」でThe Brideが結婚式を挙げた場所みたいな、あんなイメージ。だから、The Allman Brothers Bandなどのサザンロックを聴くと「土臭い」音、と感じる。聴いていると砂埃の中にいるような気になってしまうからだ。極東の島国の人間の想像力なんてそんなもんだ。で、このアルバムから聞こえてくる音も、すごく「土臭い」。・・・でもイギリスで録音されてるんだよね。

 デラックスエディションとしてのオマケだが、未発表音源を7曲収録。中でも、「Let It Rain」の原曲「She Rides」が面白い。歌メロと歌詞が違うだけでかなり違う曲の印象。これに加えて、Delaney Bramlettによるミックスが施されたアルバム全曲がDisc2に収録されている。ライナーノーツによれば、何でもこのアルバムにはレコードとしてリリースされたTom Dowdのバージョン、Clapton自身によるバージョン、Delaneyによるバージョンという三つのミックスが存在するらしい。元々ClaptonはDelaneyにミックスを依頼していたが、「ちょっとした手違い」で作業が遅延してしまい、痺れを切らしたレコード会社の意向を受けてClaptonが自らミックスしたら失敗、最終的にTom Dowdがミックスしたものがレコード化された。で、今回やっと日の目を見たDelaneyバージョン、オリジナルと聴き比べてみると面白い。お馴染みの「After Midnight」ではゴキゲンなホーンセクションが前面に出ていたりして、全体としてこちらの方がより「みんなで作りました」感の強い音になっている印象。そういう意味では、本来Claptonがやりたかったであろう、「友達とワイワイ作りました」という意向に沿っていたのかもしれないな、と思う。

Eric Clapton: Deluxe Edition
Disc1
The Released Mix Mixed By Tom Dowd
1. Slunky
2. Bad Boy
3. Lonesome And A Long Way From Home
4. After Midnight
5. Easy Now
6. Blues Power
7. Bottle Of Red Wine
8. Lovin' You Lovin' Me
9. I've Told You For The Last Time
10. Don't Know Why
11. Let It Rain
Additional Material
12. Blues In "A"
13. Teasin'
(Performed By King Curtis With Delaney Bramlett, Eric Clapton & Friends)
14. She Rides
(Previously Unreleased Let It Rain Original Version)

Disc2
The Previously Unreleased Original Mix Mixed By Delaney Bramlett
1. Slunky
2. Bad Boy
3. Easy Now
4. After Midnight
5. Blues Power
6. Bottle Of Red Wine
7. Lovin' You Lovin' Me
8. Lonesome And A Long Way From Home
9. Don't Know Why
10. Let It Rain
Additional Material
11. Don't Know Why
(Previously Unreleased Olympic Studios Version)
12. I've Told You For The Last Time
(Previously Unreleased Olympic Studios Version)
13. Comin' Home
(Performed by Delaney & Bonnie And Friends Featuring Eric Clapton)
14. Groupie (Superstar)
(Performed by Delaney & Bonnie And Friends Featuring Eric Clapton)


Eric Clapton公式ウェブサイト:http://www.ericclapton.com/
ワーナーミュージック・ジャパンのアーティスト情報ページ:http://wmg.jp/artist/ec/
Eric Clapton: Deluxe Edition

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Eric Clapton「Eric Clapton (Deluxe Edition)」 たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる