たぬどんの独りよがり

アクセスカウンタ

zoom RSS Rodrigo y Gabriela @Bunkamuraオーチャードホール 2013.1.12

<<   作成日時 : 2013/01/14 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 今年のライブ初めはメキシコ出身の超絶ギターデュオ、Rodrigo y Gabriela。最初にこの人たちを知ったのはCD屋の店頭で試聴したんだったかな。ガットギター2本だけでやたら熱い演奏がカッコよくて、元ギターキッズとしてはガットギターの超絶プレイというのは新鮮、特にGabriela姐さんのパーカッシブなフラメンコ調ギターが衝撃でアルバム「11:11」をその場で購入、以降すっかりハマったんだけど、そんな彼らが映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のサントラに全面的に参加したのには驚いたし、ひいきのアーティストが広く認められたのようで嬉しかった。

 そんな二人を初めて生で観たわけだが、実は今回で来日は3回目らしい。けっこう来てるのね。どんな客層なのかと思ったら意外と幅広く老若男女そろってて、オーチャードホールの1Fと2Fの両脇くらいまで埋まってる。開演前の会場BGMがメタルばっかりだったのがいかにも「元スラッシャー」な彼ららしいと思ったけど、どう見てもメタル好きっぽくないお客さんも多かったように見えて、そのギャップがなんか面白かった。

 定刻をちょい過ぎて会場暗転するとステージに張られた白い幕の向こうに二人のシルエットが見え、一気にテンションが上がる!そしてその白い幕が取り払われて二人が登場すると一気にヒートアップ!・・・が、お客さんはみんな座りっぱなし!?・・・するとすかさずRodrigoがお客さんを煽りまくって全員起立!この二人、ラテン系ギターデュオ・・・ではあるんだけど、そのまえにロッカーなのだ!!

 1曲目はいきなりギターにエフェクトかけたヘヴィな知らない曲・・・?と思ったらその後のMCで新曲であることが判明!この日は計3曲の新曲が披露されることとなったが、どれもガットギター+エフェクターという試みが面白かった。特に中盤で披露された2曲目の新曲は「今日はMetal-headsはどんだけ来てるんだ?」とお客さんに問いかけたRodrigo曰く、なんでもMarty Friedmanがあいさつに来てくれた、とのことでそのマーティに捧げる曲としてこ披露された、超ヘヴィなリフが炸裂する怒涛のガットギター・メタル!?という面白い曲だった。ちなみにアンコールで披露された3曲目の新曲は今までの彼らになかったブルージーな印象の曲だった。

 また本編終盤ではスペシャルゲストのピアニストAlex Wilsonがステージに登場、3人編成での演奏が披露された。このAlex Wilsonのピアノがとても良くて、アルバム「Area 52」ともまた違ったアレンジが施された演奏が新鮮だったし、インプロヴィゼーションを交えてジャムっぽく演奏される場面なんかもあって二人のミュージシャンとしての素晴らしさも再確認できた。

 全体的には代表曲が余すことなく披露されつつもギュッとコンパクトにまとまった非常に良いライブで、演奏が素晴らしかったのは言うまでもなく、それ以上に印象的だったのは二人が場数踏んで鍛えられたのか、予想以上に「ライブ巧者」になっていたこと。初っ端のお客さんの煽り方もそうだし、とにかくお客さんを盛り上げるのが上手い。以前、YouTubeで観た彼らのライブでは二人とも座ったまま(でも激しく)ギターを弾いていて、絵的にはわりとダルい感じだったが、この日は二人ともステージ上を歩き回り、跳ね回り・・・とすごく躍動感あふれてて観てるこっちも一緒に飛び跳ねまくってしまった!特にGabriela姐さんがあの超絶フラメンコ調ギターを弾きながらステージ上をくるくる回ったり嬉しそうにぴょんぴょん跳ね回る姿はなんだかミョーに可愛くて惚れました。

 アンコール最後の「Hanuman」、「Tamacun」の2曲ではもう会場の一体感が半端なくて、みんな手をたたき、踊り、飛び跳ねながら声援を送っててすごく気持ちよかった。んで、エンディングはAC/DCの「For Those About To Rock」が流れる中、二人が去ってゆく・・・うーん、やっぱロックだ!

 RodrigoのMCによれば年内には新作を出したいとのことで、この日披露された新曲はいずれもエフェクトを色々使ってガットギターの新たなサウンドを求めているかのようだった。新作はもっとヘヴィな音になるのかな?この日のRodrigoのギターソロなんかも、「何もそこまで無理してガットギターで弾かなくても」というほとんどメタルギターだったしね。また新たな驚きのサウンドを聴かせてくれることを期待。とにかく楽しみだ。

 スパニッシュギターの情熱的なサウンドとロック(メタル?)魂を融合させた独自の音世界+αを十二分に堪能したおかげで気分はすっかりラテン系になってしまったが、これは想定内。なぜなら2か月後にはサンタナの来日公演が控えているから!!こちらも楽しみ!あー、テキーラ飲みてぇ!!
 
Rodrigo y Gabriela featuring Alex Wilson on Piano
2013年1月12日(土) Bunkamuraオーチャードホール

1. (新曲)
2. Diablo Rojo
3. Chac Mool
4. Savitri
5. (新曲)
6. Rodrigo's Solo
7. Hora Zero
8. Gabriela's Solo
9. Buster Voodoo
10. 11:11 (w/Alex Wilson)
11. Juan Loco (w/ Alex Wilson)
12. Santo Domingo (w/ Alex Wilson)
- encore -
13. (新曲)
14. Hanuman
15. Tamacun

公式ウェブサイト:http://www.rodgab.com/
ソニー・ミュージックのアーティストページ:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/rodrigoygabriela/


エリア52(初回生産限定盤)(DVD付)
SMJ
2012-01-25
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ・アンド・キューバ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エリア52(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



激情セッションU〜ライヴ・イン・フランス〜
SMJ
2011-07-27
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 激情セッションU〜ライヴ・イン・フランス〜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Rodrigo y Gabriela @Bunkamuraオーチャードホール 2013.1.12 たぬどんの独りよがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる